実物よりも「大きい」気がしてくる・・・「大きさの錯覚」について知ってみよう

大きさの錯覚

「ズームレンズの望遠側」や「望遠レンズ」を使うと、遠くにあるものを大きく撮ることができます。

それらで撮った写真は、面白いところに「大きさの錯覚」が生まれます。

大きさの錯覚

実物よりも「大きい」ような気がしてくる

たとえば、この鳥の写真をみてみましょう。

実物よりも大きくみえる

「ツグミ」という鳥ですが、画面内にかなり大きく写っています。

そしてもう1枚はこちら。

巨大な鳥に見える

これも同じ「ツグミ」の写真ですが、2枚の写真をみていると、実際の大きさがよくわからなくなってきます。

特に2枚目のような写真をいくつもみていると、ずいぶんと大きな鳥に思えてきます。

「鳥を大きく写したもの」という認識はあっても、実際のスケール感がわからなくなってくるんですね。

みえかたの違い

つづいて、こちらの写真をみてみましょう。

小さな昆虫をクローズアップ

昆虫をクローズアップ撮影したものですが、先ほどの鳥のように「ずいぶんと大きな虫だなあ」とはみえないと思います。

そしてもう1枚。

セミの脱皮をクローズアップ

セミが脱皮しているところですが、こちらの写真も「ずいぶんと巨大なセミだなあ」とはみえないと思います。

これが写真の面白いところで、大きく写したときに「巨大にみえる」こともあれば、「小さいもの」というイメージを残したままクローズアップしたようにみえることもあります。

何が大きさを決めるのか

余白

大きさを決める1つのポイントは、余白の広さです。

被写体が画面に大きく写されているほど、実際のサイズも大きいような気がしてきます。

余白の広さを考える

たとえば、この写真をみると、そこそこ大きい鳥のようにみえてきます。

余白が広くなると小さく見える

・・・が、余白が広くなると「それほど大きくないかも」という気がしてきます。

このように、余白の広さによって「実物の大きさのイメージ」が変わってきます。

大きさをイメージできるものを入れる

また、余白にプラスして、大きさをイメージできるものを入ると、サイズのイメージがしやすくなります。

サイズの比較物が入る

上で紹介した昆虫のクローズアップ写真は「広い余白」にプラスして「小花」という比較物が入っています。

いかにも「小花らしい形をした小花」なので、クローズアップしても「小さいものだな」ということがわかります。

それによって、昆虫の小ささがイメージできる、というわけです。

セミの脱皮と比較

また、セミの脱皮の写真でも、背景(余白)の部分をかなり広くとっています。

それに加えて「セミの抜け殻」という大きさを想像しやすいものが入ることによって、セミのサイズを錯覚しにくくなっています。

このように、「必要以上に大きく見えないようにする」ことも、知っておくと便利な方法です。

おしまいに

今回は、大きさの錯覚についてでした。

実際に撮っている時も、ファインダーやライブビューをずっとみていると、実物の大きさを錯覚してしまうことがあります。

その場合は、何枚か「肉眼で見たサイズに近いショット」を入れるようにすると、実物の大きさを錯覚しにくくなります。

よかったら参考にしてみてくださいね。