カメラの「色温度」設定はどう使う?たとえばこんな使い方

カメラの「色温度」設定はどう使う?写真を撮るときに「ほんの少しあたたかみをだしたい」「ちょっと冷たい感じにしたい」―そんな時に便利なのが、色温度設定です。

色温度とは色味を数字で表したもののことで、数値を変えると次のように変わります。

・数字を上げる → 黄色み・赤みが強くなる

・数字を下げる → 青みが強くなる

では、色温度を変えるとどういう変化があるのかみてみましょう。

色温度を上げると黄色み・赤みが強くなる

まずはデジタル一眼の色温度設定を5000Kと7500Kにして撮ってみます。

色温度 5000K▲色温度設定:5000K

色温度 7500K▲色温度設定:7500K

色温度はK(ケルビン)という単位で表します。デジタル一眼の色温度設定を5000Kから7000Kに上げると、黄色み・赤みが増します。

さらに上げると、もっと黄色がかった写真になります。

色温度10000K▲色温度設定:10000K

10000Kまで上げると、かなり黄色みと赤みが強い感じになります。

色温度を下げると青みが強くなる

次は、色温度設定の数字を下げて撮ってみましょう。青みが強くなっていきます。

まずは色温度設定を5000Kと3500Kにして撮ってみます。

カメラの「色温度」設定はどう使う?たとえばこんな使い方▲色温度設定:5000K

色温度 3500K▲色温度設定:3500K

5000Kから3500Kに下げると、かなり青みが強くなりました。さらに数字を下げると、もっと青みがかかります。

色温度 2000K▲色温度設定:2000K

ものすごく青っぽくなりました。

さて、この機能、どんな時に使うかですね。

写真を自分のイメージに近い色味にする

写真を撮った時に「悪くないんだけど、もうひと味ほしいなあ」ということってありますよね。

たとえば、上の写真でしたら、汽車の表情に比べて、全体が少し冷たいイメージです。こんな時は、色温度設定の出番です。

黄色みと赤み、青みを、微調整しながら撮る事ができます。

色温度を上げて撮ると、黄色み・赤みが強くなり、あたたかみが出ます。色味が強くなりすぎたなあと思ったら、数字を下げて撮ります。

数字を少し変えるだけでも印象が変わります。

このように、色温度設定は「自分のイメージに近い色味にする」といった使い方もできます。

まとめ

今回は、違いが分かるように数値を大きく変えてみましたが、実際は細かく数字を変えて撮ることができます。

同じ構図で設定を変えながら撮るときは、三脚を使うと便利ですよ。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

カメラの色温度設定は、数字を上げると黄色み・赤みが強くなり、数字を下げると青みが強くなります。 が、実際の色温度は、その真逆に...
写真はピントの合った部分とボケた部分でできています。 基本的に、ピントを合わせた1点(1つの面)以外はボケて写ります。どんなにシャープ...
はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮影...