この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

レンズの表面に水滴の跡が・・・この方法でキレイになった!

レンズの表面に水滴がついてしまった時は

以前、レンズの表面に水滴がついてしまったことがあります。水滴はいったん乾くと頑固な汚れになり、なかなか取れない・・・。

その時は、こんな方法でキレイにしました。

まずクリーニングティッシュを使う

最初にレンズペンを使っても落ちなかったため、レンズのクリーニングティッシュを使いました。


KING レンズクリーニングティッシュ 50枚入り 個装 ノンアルコール&ウェットタイプ

メーカーはどこのものでもOKですが、必ずレンズ用のものを使います。レンズ表面のホコリを除去してから取りかかります。

やさしく拭くだけでキレイになりますので、力の入れすぎには注意。軽く拭くだけで、水滴の跡がキレイに消えます。

ただ、ウェットタイプのものは「拭きムラ(拭いた跡)」が残りやすいです。そこで次に使うのがレンズペンです。

レンズペンで拭きムラを落とす


HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 【レンズ用】

拭きムラをキレイにする場合も、レンズペンはふだんどおりの使い方をします。レンズの中央からくるくると動かす、というやり方ですね(拭きムラに沿って動かすのはNGです)。

力は入れずに、やさしく使うのがコツです。これで拭きムラもキレイに消えて、クリーニング完了です。

水滴がついた時にやってはいけないこと

レンズの表面に水滴がついた時は、ついあせってしまいますが、絶対にこすらないようにしましょう。

ティッシュペーパーでこする、タオルでこする、指でこする・・・これは絶対にNGです。レンズの表面にキズがついてしまう場合があります。

落ち着いて、後から処理をするほうが安心ですよ。

まとめ

この方法は、水滴のほかにも花や草の汁がついた時にも使えます。汚れは気になりますが「とにかくやさしく」がコツですよー。

 

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

カメラバッグに入れておくと便利なお手入れグッズ
カメラバッグに入れておきたい必携のメンテナンスグッズを紹介。カメラ&レンズにやさしい、手軽に持ち運べるクリーニングアイテムを。
【受付終了しました】4/24(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮影をたのしみます。 初心者さんのための写真教室です ...