写真における「黄色」の性質や効果を知ってみよう

写真における黄色の性質と効果

写真を撮っていると、黄色いものを撮る機会が多々あります。

黄色は明るく、元気さを感じさせる色ですが、様々な特長があります。今回は写真における「黄色」の性質や効果をみていきます。

前に出てみえる色

黄色は進出色と呼ばれるタイプの色です

黄色は華やかさと鮮やかさを持った色で、画面につかうととても映えます。

黄色は、前に出てみえる性質があります

黄色は前に出てみえる、こちらに向かってくるようにみえる性質があります。こうした性質のある色を「進出色」といいます。

ほかの色との組み合わせ

黄色はほかの色より前に出てみえるため、主役に使うとインパクトが出ます。

黄色とほかの色との組み合わせ

こちらは黄色系のクッキーを主役にした写真です。

明るい白と水色をバックにしていますが、黄色に「前に出てみえる性質」があるため、こちらに迫ってくるような印象が出ています。

黄色はこちらに迫ってくるようにみえます

こちらは「キセキレイ」という鳥です。主役として撮っていますが、体に黄色の部分が多いため、ずいぶんとこちらに迫ってくるようにみえます

画面内に黄色があると、そこが目立ちます

主役の特に目立たせたい部分に黄色が使われていると、とてもよく目立ちます。

この写真は顔に黄色が使われていることにより、目に入りやすいだけでなく、立体感があるようにみえます。

このように、黄色は前にでてみえる、浮き出ててみえるという特長があります。

主張の強い色

黄色は、ほかの色と比べて「主張が強い色」でもあります。画面内に黄色があると、主役か脇役かに関わらずよく目立つので注意が必要です。

たとえば、こちらの写真をみてみましょう。

黄色の効果が悪いほうに出た例

カラフルなバルブを撮ったところ、背景に黄色い花がたくさん入ってしまいました。

そのため、主役にしたかったバルブと同じぐらいに、数々の黄色が自己主張をし、なんともおさまりの悪い画になってしまいました。

これは黄色のもつ「主張の強さ」が原因です。

つづいて、こちらの写真もみてみましょう。

黄色と青の組み合わせの悪い例

黄色い花畑をバックにあひるのおもちゃを撮ったものですが、これも妙なおさまりの悪さがあります。

これにはいくつかの原因がありますが、まずは黄色が持つ性質からみていきましょう。

先ほど紹介したように、黄色には「前に出てみえる」「主張が強い」色という性質があります。

そのため、この写真では黄色が背景になることにより「背景なのに前に出てみえる」「背景なのに主張が強い」ということが起こっています。

また、主役にしたかったあひるのおもちゃは「青色」をしています。青には「一歩さがってみえる」「主張をあまりしない」性質があります。

今回は写真における「青」の性質や効果についてみていきます。 青といえば、空や花、海など様々なシーンで出会う色ですね。青の持つ性質を知っ...

そう、この写真では主役と背景の色の役割が逆になっているんですね。それによって、ピントは主役にあわせているけれど、色的には背景が主役というちぐはぐな状態になっています。

このように黄色は「主張が強い」性質がありますので、使いどころには注意が必要です。

なじませるには

主役を黄色にする際に、黄色の主張をほどほどにしたい場合もあります。

その時は、まわりの色も黄色系あるいは、黄色のトーンが入った色にするとなじみやすくなります。

黄色と背景をなじませる

こちらの写真は主役は黄色ですが、まわりに黄緑色の部分が多くあります。

背景に黄色のトーンが入っていることにより、主役の黄色ばかりが目立つということを抑えています。

黄色 背景と主役とのバランス

こちらの写真は、主役にも背景にも黄色系の色が入っています。それにより、主張のバランスがとれており、違和感なくなじんでいます。

黄色の主張を抑える

また、こちらは黄色をくすませる(ここでは暗い場所に置く)ことにより、主役の黄色ばかりが目立つことを抑えています。

背景も「黄色がかった色」であるため、主役の主張をほどよく抑えています。

おしまいに

今回は黄色の持つ性質や特長をみてきました。

黄色は非常に明るく、活力を感じさせる色ですが、よくも悪くも画面の焦点を持っていく力のある色でもあります。

使いどころを考えながら撮ると、写真を撮るたのしみがより広がると思います。よかったら参考にしてみてくださいね。