誰でもかんたんにできる「一脚の構え方のコツ」

どなたでも簡単にできる「一脚の構え方のコツ」を紹介します。次の2点を押さえるだけで、グッと安定します。

一脚の構え方のコツ

カメラを両手で持つ

一脚を使う時は、必ずカメラを両手で持つようにします。一脚には手を触れません。

カメラを一脚に支えてもらうのではなく、「手持ちの補助に、棒が一本ついている」というイメージで撮ります。

一脚の先端を前に出す

一脚を垂直に立てるのではなく、一脚の先端を前に出すと、初心者の方でも安定して撮ることができます。

カメラと一脚を接続する部分の角度が変えられるものならどれでもできます。

よくわからない時は「自由雲台(じゆううんだい)」というパーツがついている(または使える)ものを選ぼう。角度が変えられます。

まとめ

一脚がうまく使えないという方は、ぜひ今回の方法をためしてみてください。これだけでグッと安定しますよ。

Velbon EXUP-53は安いのに実力派の一脚!ミラーレス一眼やはじめての一脚にオススメ!
今回は安くて使える一脚、Velbon EXUP-53を紹介します。 Velbon 一脚 レバー式 EXUP-53 実売価格で...