【レトロなものを撮る】こんなことを考えながら撮っています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は、ある日のまちあるきで撮った写真をもとに「こんなことを考えながら撮っています」ということを書いていきます。

ちょっぴりへんてこな写真でも、わりといろいろなことを考えながら撮っています。撮影日誌風で書いていきます。

レトロなものを撮る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これは金鳥(KINCHO)の看板だ。劣化して錆びているところが、蚊取り線香で焦がした跡のようになっていて面白いと思った。普通に撮っても味のある看板だが、少しレトロ調に撮ってみた。少し傾けて撮ったことで、目の部分が少し切なげで泣いているようにみえるところが気に入っている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
壁に古雑誌のページが貼られていた。学生服と白シャツのコントラストが面白かったので、少しラフなトーンのモノクロで撮ってみた。明るさの段階がいろいろあってなかなかたのしい。トーンの関係で、雑誌の破れているところが壁紙自体が破れているようにもみえる。白黒だからこその面白さだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
古びた看板は撮りやすいようで考えどころの多いモチーフだ。撮り方によってはあざとくなってしまうし、あまりにキレイに撮りぎても雰囲気をぶち壊してしまう。今回は微妙に色あせた感じで撮ってみた。テーマはなんとなく思い出にあるような、酔った記憶にあるような、そんなイメージだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
古びた郵便受け。今の日本は夜でもあちこちで電気がついていて基本的に明るいところが多い。薄暗い灯り、ぼんやりとした灯り、色の乗った灯りなんて、日常生活ではなかなかお目にかかれなかったりする。この郵便受けは特別なものではなく、普通の家にあったようなデザインなのがまたいい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今のカメラは撮影時にいろいろなフィルターをかけられる。ふだんはあまり使わないが、使わない主義ではない。レトロっぽいものをトイカメラ系のフィルターで撮るのはおもしろいものだ。写真はオリエンタルカレーのキャラクターのオリエンタル坊やだ。レトロなキャラだが現役でもある。フィルターの効果もあって、古いのか新しいのかよくわからない、まさにオリエンタル坊やという雰囲気になった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これは文句なしに「べビカー」だ。ストレートに撮るのがいちばんだと思って撮った1枚だ。こういうモチーフの場合、どう撮るかは人それぞれでずいぶんと変わってくると思う。個人的にはやりすぎたり、狙いすぎたりしないほうが好みだ。

はれときどきカメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼の写真教室のフォト日記
こちらは趣向を変えてみての1枚だ。おふろに浮かべてあそぶあひるを、光と影の中撮ってみた。なんとなく頼りなく、言うなればぷかぷかとさまよう感じが出たように思う。この写真を撮っているときに、トルストイの小説「光あるうちに光の中を歩め」だなあと思った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最近のデジタルカメラは「キレイに撮れすぎる」きらいがある。キレイに撮れるように機械が進化すると、今度は「キレイに撮らない工夫」が必要になるところが面白い。今回は少し荒めの感じに撮るようにしてみた。日本的なモチーフが、ジェニファー・ロペスのボーダータウンみたいな色合いになって不思議な感じになった。

まとめ

今回は撮影日誌風に書いてみました。写真を撮るときはこんな感じで、けっこういろいろなことを考えています。

「考える」というと難し~くとらえる人もいるかもしれませんが、難しい顔して撮った写真って、やっぱりそういう雰囲気になってしまう気がします。「撮りたい写真の気分」に自分がなる、そういう感覚でいつも撮っています。

昆虫の撮り方~昆虫をたのしく撮るためのTips~
自然のあるところで写真を撮っていると、ひょっこりと顔を出す虫さんがいたりします。今回は昆虫をたのしく撮るためのTipsをお話します。...
第64話 怒り顔のアマガエル
虫に食べられてぼろぼろになったクチナシの葉の上に、アマガエルを見つけました。 しかめっ面のおじいちゃんのような顔つき。 「そ...
はじめてのミラーレス一眼。買う前にチェックしておきたい5つのこと
今回は、はじめてミラーレス一眼を買うときにチェックしたいポイントをお話します。かんたんでわかりやすい5つのポイントをまとめました。 ...