2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

【写真のトリミング】サイズと枠の問題

前回は「写真のトリミングについて考えてみよう」と題して、トリミングの謎についてお届けしました。

写真のトリミングについて考えてみよう
今回は写真のトリミングがテーマです。 トリミングとは、画像を切り抜く加工のことです。 写真の場合は 画面の端に余計なものが写ってしまった 被写体をもう少し大きくみえるようにしたい といったときによく使われま...

前回の記事では「現場ではベストだと思ったフレーミングが、家でみると甘く感じられるのはなぜ?」という点について原因を考えていきました。

今回はその続きです。

サイズと枠の問題

現場ではベストだと思ったフレーミングが、家でみると甘く感じられるのはなぜ?――つづいてはサイズと枠の問題について考えてみましょう。

サイズ

撮った写真をカメラのモニター(あるいはファインダー)でみるときと、パソコンのモニターでみるときの大きな違いに「画面のサイズ」があります。

カメラのモニター(あるいはファインダーからみえる像)は、パソコンのモニターに比べると、かなり小さなサイズになっています。当然、同じ画像でも、みえるサイズが変わってきます。

そう、同じ画像でもサイズによって受ける印象が変わる――これが1つ目のポイントです。

具体的には、

  • 画面サイズが小さい → 写真の全体がみえやすい。全体のバランスを意識しやすい。
  • 画面サイズが大きい → 写真の全体よりも、まっすぐに画面をみた部分(主に中心部)に目がいきやすい。細部にも目がいきやすい。

といった印象を受けやすい傾向があります。

つまり、目が行きやすい部分に違いがあるので、「写真をどうとらえるか」に違いが出るのですね。

この考え方をする際に重要なポイントは、画面サイズが大きい(パソコンのモニターでみる)時のことです。

この場合は、まっすぐに画面をみた部分(主に中心部)に目がいきやすい傾向があるため、画面の中心部にインパクトを出すフレーミングをしたくなる感覚を持ちやすくなります。

目がいく部分を強くするため、まわりをカットしたくなるわけですね。これがサイズに関する問題です。

枠の問題

つづいては、枠に関する問題です。

同じ写真でも、そのまわりにある枠によって受ける印象が大きく変わります。

たとえば枠の色。写真のまわりの枠が黒い場合と、白い場合ではみた感じの印象がずいぶんと変わります。

あるいは枠の太さや範囲。同じ写真でも、まわりの枠が細いものと太いものでは、受ける印象に違いがあります。

この項目で何をいいたいのかというと、カメラのモニターとパソコンのモニターとでは、写真のまわりにあるものが違うということです。

たとえば、パソコンのフォトビューアで次のようにみえたとします。

カメラのモニターで、この表示(まわりの枠の色や太さ、バランスなど)と、全く同じようにみえることはまずありません。

色の違いや枠の太さ、バランスなどが大きく違うでしょうし、写真以外の部分(余白)の比率も違うがあることでしょう。

また、モニター自体の枠にも違いがあることでしょう。

そう、カメラのモニターとパソコンのモニターでは、写真のまわり(枠)に大きな違いがあるのですね。

そのため、同じ写真でも受ける印象が変わり、トリミングの感覚が変わるわけですね。

次回に続きます。