2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

写真を撮ることに慣れてきたら説明書を活用してみよう

説明書を活用してみよう

写真を撮ることに慣れてきたら、カメラの説明書を読み直してみましょう。

最初に読んだ時とは違った発見があります。

説明書を読み返してみると、たとえば次のようなメリットがあります。

  • 最初に読んだときにわからなかったことがわかるようになる
  • 写真を撮るときの考え方がわかるようになる
  • 機能や用語の理解が深まる

……などなど、カメラがよりたのしくなること請け合いです。

「わかること」の面白さ

今回はニコンのD5600の説明書を例に、説明書を読み返すおもしろさをみていきます。

色温度についての記述

写真を撮る際に知っておくと便利な要素に「色温度」という考え方があります。

「色温度」はぜひおさえておきたい要素ではありますが、感覚的にはイメージしにくい部分があります。

そこでD5600の説明書をみてみましょう。P.140の「色温度について」という項目をみると、次のように書かれています。

色温度についての記述

短い文章ではありますが、「色温度」の性質についてとてもわかりやすく書かれています。

  • 光の色の感じ方は見る人によって違いがある
  • それを客観的な数字で表したものが色温度(ケルビンを使って表記する)
  • 色温度は低くなるほど赤みを帯びた光色になり、高くなるほど青みを帯びた光色になる

そう、簡潔な文章ですが、重要なポイントはしっかりと入っているのですね。

特におさえておきたいのは、「光の感じ方は見る人によって違いがある」→「だから、色温度という考え方が必要になる」という点です。

カメラの設定になぜ「色温度」という考え方が必要なのかがよくわかりますね。

図で解説

D5600の説明書では、さらに図とあわせて色温度の例を挙げています。

D5600の説明書

日常生活でよく使われている蛍光灯や電球、そして天候も例として挙げられており、とてもわかりやすい図表となっています。

赤み、あるいは青みがかかるものもわかりやすく表記されています。

ミレッドについての記述

D5600の説明書では、日常生活ではあまり耳にすることのない言葉も解説されています。

たとえば「ミレッド」という言葉です。

D5600の説明書では、色温度に関連する機能「ホワイトバランスを微調整する」の解説の中で、「ミレッド」という言葉が出てきます。

その少し後のページ(P.142)で、この「ミレッド」について解説されています。

ミレッドについて

こちらも要点をしっかりと押さえた解説になっています。

「同じ色温度の差でも、色温度の低い場合と高い場合では変化の差がある」という部分は、知っておいて損のないポイントですね。

メーカーによって解説の仕方に違いはありますが、このように説明書で気になった部分を拾い読みをしていくだけでもいい勉強になります。

拾い読みをしても面白い

このように説明書には、カメラを知るのに有用な情報がたくさん載っています。

説明書を読むと

  • なぜその機能があるのか
  • その機能はどのような性質を持っているのか

といった点を知ることができます。

これらを知っておくと、撮影時に、自分の中で「なぜその操作をするのか」といった理由が持てるようになります。

今は各メーカーとも、公式サイトで説明書の電子版を公開しています。スマホやタブレットがあれば、紙の説明書を持ち歩かなくてもOKというのもうれしいですね。

今回の記事で紹介したアイテムは次の通りです。