【カメラの用語】「標準レンズ」ってどんなレンズ?

「標準レンズ」は、人間の視野に近い画角のレンズ

カメラをはじめると、「標準レンズ」や「標準ズームレンズ」をよくすすめられます。

が、どんなレンズが標準レンズなのか、いまいちわからない方も多いかと思います。

ざっくりいうと、

焦点距離が50mmぐらいのレンズを標準レンズといいます

焦点距離が50mmあたりのレンズのことを「標準レンズ」といいます。

が、焦点距離が50mmぐらいなら何でもいいというわけではなく、フルサイズ以外のカメラは次のように考えます。

APS-C機の標準レンズ

APS-C機の標準レンズ

センサーサイズがAPS-Cのカメラ(APC-C機)は、焦点距離を1.5倍または1.6倍して、50mmぐらいの画角になるレンズが「標準レンズ」になります。

倍にする数字は

  • キヤノンのAPS-C機:1.6倍
  • そのほかのAPS-C機:1.5倍

となっています。

つまり、

APS-C機の標準レンズ

キヤノンのAPS-C機:焦点距離31mm近辺のレンズ

そのほかのAPS-C機:焦点距離33mm近辺のレンズ

ということですね。

こうした計算をすることを35mm判換算といいます。
デジタル一眼はフルサイズのほかに、APS-C、マイクロフォーサーズなど、様々なサイズのセンサー(撮像素子)が使われています。 そのため...

マイクロフォーサーズ機の標準レンズ

マイクロフォーサーズ機の標準レンズ

つづいて、マイクロフォーサーズ機をみてみましょう。

マイクロフォーサーズ機とは、オリンパスとパナソニックのミラーレス一眼のことをいいます。

マイクロフォーサーズ機は、焦点距離を2倍して、50mmぐらいの画角になるレンズが「標準レンズ」になります。

つまり、

マイクロフォーサーズ機の標準レンズ

焦点距離25mm近辺のレンズ

ということですね。

標準ズームレンズ

標準ズームレンズとは

上の例は「標準レンズ」でしたが、その中でもズームレンズを指して「標準ズームレンズ」ということもあります。

焦点距離50mmを含むズームレンズのことを「標準ズームレンズ」といいます。

キットレンズとしても採用されることの多いレンズです。

ちなみに、焦点距離の幅については特にきまりはありませんが、50mmが中間あたりにくるレンズのことを「標準ズームレンズ」と呼ぶことが多いです。

今回は「キットレンズ」についての解説です。 キットレンズとは カメラのボディとセットになって販売されているレンズのことを「キットレン...

なぜ「標準」というのか

標準レンズの「標準」は何が基準?

焦点距離50mmは「人間の視野と同じぐらい」の画角といわれています。

目でみるのと近い範囲が写るため、基準としてわかりやすいことから、焦点距離50mm近辺の画角を「標準」と呼ぶようになりました。

標準ズームレンズとは、焦点距離50mmを中心に、広角から望遠までをカバーするレンズのことをいいます。 焦点距離は「35mm判換算」をし...

こんな「標準」の考え方も

ここまで焦点距離50mm近辺の画角が「標準」というお話をしてきましたが、35mmあたりも「標準」と呼ぶ場合があります。

焦点距離35mmは、フィルム時代から長く親しまれてきた画角で、これを標準とする考え方もあります。

まとめ

今回は「標準レンズ」についてでした。焦点距離50mmぐらいの画角は、構図の練習にいい画角ともいわれています。

標準ズームレンズを持っている方は、50mmに固定して練習するのもおすすめですよ。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

現在、Nikon D5300には「D5300 AF-P 18-55 VR レンズキット」「D5300 AF-P ダブルズームキット」...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...