2020年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

【中古カメラ】なぜ保証がつかない?こんなケースもあります

先日、カメラのキタムラのネットショップで中古商品をみていたところ、保証規約をチェックすることの重要性に気づきました。

カメラのキタムラの中古サービス規約

カメラのキタムラには、「中古カメラ6ケ月保証規定」があります。

かんたんにいえば「中古商品にも6ケ月の保証がつく」というものですが、すべての中古商品が対象になるわけではありません。

カメラのキタムラの中古サービス規約をみると、「保証の対象外」について次のように書かれています。

そう、すべての商品が対象になるわけではないのですね。

この規約を読むと、保証の対象となるのは

  • 中古で税抜1万円以上の商品
  • 「現状渡し」ではない商品

ということがわかります。

ただ、商品全体の割合からすると「現状渡し」のものは少ないため、ほとんどの場合は、価格(税抜1万円未満か1万円以上か)が保証の有無を判断する目安になります。

「1万円以上の中古なら保証がつくから安心」とよくいわれるのも、これが理由です。

が、たまにですが1万円以上の商品でも「現状渡し」のものが出てくることがあります。

1万円以上でも保証対象外の例

今回みていた商品はこちら。

キヤノンEOS60Dボディです。

商品状態は「AB(良品)」。カメラのキタムラの基準では

外観に多少のキズや擦れなどがある。正常作動するもの。

本体内部に少量のゴミがあるが撮影に影響がないもの。

という状態の商品です。

が、商品説明をみると、次のような記載があります。

保証対象外商品」「現状渡し」とあります。

そう、税抜1万円以上の商品でもこうしたケースがあるのですね。

商品状態は「正常動作をするもの」とありますので、「現状渡しになった理由」は動作以外の部分にありそうですが、この情報からだけではなんとも判断しづらい部分があります。

これが「現状渡し」の商品の難しいところです。

現状渡しとは「何らかの難があることを承知で買うもの」「何があっても文句はナシ」という類のものなんですね。

ですので、買ったあとに何があっても自己責任。保証対象外になっているのには、そうした理由があります。

 

また、こちらも同様のケースです。

良品ですが「現状渡し」で「保証対象外商品」です。

「1万円以上なら必ず保証がつく」わけではないということですね。

現状渡しとは

さて、ここで「現状渡し」とは何かをみていきましょう。

現状渡し」は、業種によって定義や扱いに差異がありますが、多くの場合は

  • 何かしらの問題があるが、それを納得の上で買ってください。
  • 保証はありません。
  • 何かあっても返品や交換はできません。

といった類の商品です(業種やお店によってルールに違いがあります。)。

お店によっては「ジャンク品」と同義でこの言葉を使う場合もあります。

今回例に挙げたカメラのキタムラの中古の場合は、商品状態はAB(良品)で「正常動作をするもの」とされていますから、動作以外の部分に「現状渡しになった理由」がある可能性があります。

が、それ以外の部分で何らかの不具合があっても、保証対象外の商品ですから保証はありません。これが現状渡しの商品を買う難しさです。

中古カメラや中古レンズの 「現状渡し」って何?
中古カメラ・レンズの「現状渡し(現状販売)」とは。買う前に必ず知っておきたいことと注意点を初心者さんにもわかりやすく解説しています。

購入時には規約をよく確認しよう

ネットで中古を買う際は、保証内容や規約をよく確認してから購入することが大切です。

中古の場合は特にですが、お店ごとで保証内容や保証の適用範囲に違いがあります。商品ページで気になる点がある場合は、お店に直接確認すると確実ですよ。