そもそも「標準レンズ」ってどんなレンズ?

そもそも「標準レンズ」ってどんなレンズ 人間の視野に近い画角

標準レンズは、35mm判換算をして焦点距離50mm近辺の画角になるレンズのことをいいます。

35mm換算をして焦点距離50mm近辺であればOKなので、単焦点レンズのほかに、この焦点距離を含むズームレンズも標準レンズになります。

標準レンズ

標準レンズの「標準」は、焦点距離50mmの画角が「人間の視野に近い範囲」といわれることからきています。

ただ、この「標準レンズ」という分類には厳密な定義がなく、おおよそ次のように考えます。

・単焦点レンズなら、35mm換算をして焦点距離50mm近辺のレンズ

・ズームレンズなら、35mm換算をして焦点距離50mmを含むもの

といった形で考えます。

単焦点レンズの場合は、50mmぴったりの数字でなくてもOKで、換算して49.5mmや52.5mmのものも「標準レンズ」と呼びます。50mm「近辺」ということですね。

ズームレンズの場合は、焦点距離50mm(35mm判換算)を含むズームレンズが「標準レンズ(標準ズームレンズ)」になります。

焦点距離の幅については厳密な定義はありませんが、一般に50mmが中間あたりにくるレンズを「標準レンズ(標準ズームレンズ)」と呼ぶことが多いです。

標準ズームレンズって何?知っておきたいデジタル一眼の基礎知識
標準ズームレンズとは、焦点距離50mmを中心に、広角から望遠までをカバーするレンズのことをいいます。 焦点距離は「35mm判換算」をし...

35mm判換算をした画角で考えます

標準レンズの目安となる「焦点距離50mm」は、35mm判換算をした数字で考えます。

フルサイズ機ならそのままの数字でOKですが、APS-C機やマイクロフォーサーズ機の場合は、次のように考えます。

・キヤノンのAPS-C機:1.6倍をして焦点距離50mm近辺になるもの

・そのほかのAPS-C機:1.5倍をして焦点距離50mm近辺になるもの

・マイクロフォーサーズ機:2倍をして焦点距離50mm近辺になるもの

が、標準レンズとなります。

つまり、

・キヤノンのAPS-C機:焦点距離31mm近辺のレンズ

・そのほかのAPS-C機:焦点距離33mm近辺のレンズ

・マイクロフォーサーズ機:焦点距離25mm近辺のレンズ

が、APS-C機やマイクロフォーサーズ機の「標準レンズ」になります。

35mm判換算って何?
デジタル一眼はフルサイズのほかに、APS-C、マイクロフォーサーズなど、様々なサイズのセンサー(撮像素子)が使われています。 そのため...

まとめ

焦点距離50mm「近辺」の解釈は人それぞれで、35mmあたりも含めて考える場合もあります。

いずれも厳密な定義があるわけではないので、おおよそで考えるのがポイントですね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

Nikon D5300の「AF-P 18-55 VR レンズキット」「 AF-P ダブルズームキット」とは
現在、Nikon D5300には「D5300 AF-P 18-55 VR レンズキット」「D5300 AF-P ダブルズームキット」...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...