オリンパスの「OM-D」ってどんなカメラ?

2017年9月15日にOM-D E-M10 Mark IIIが発売になります。

オリンパスからOM-D E-M10 Mark IIIが発売!前機種Mark IIとの違いをみてみよう
2017年9月15日に、OM-D E-M10 Mark IIIが発売になります。前機種Mark IIをベースに、より使いやすく、よりパワ...

そこで今回は「OM-D」とはどんなカメラかをみていきましょう。

独創性・小型軽量・高性能がコンセプト

OM-Dは、オリンパスが展開するミラーレス一眼のシリーズの1つです。

フィルム時代のカメラ「OMシリーズ(1973~)」の系譜を継ぐシリーズで、登場時から一貫して、独創性のあるデザイン&小型軽量・高性能がコンセプトになっています。

こちらはOM-D E-M10 Mark II(2015年発売)。デジタルになってもベースデザインはほぼ同じで、フィルムカメラを彷彿とさせる形になっています。

特にボディー上部(ペンタ部)のデルタデザインは、「OMシリーズならでは」といえる部分です。

OMのOはオリンパスのO

OMシリーズは、最初は「O」がつかず「M」のみではじまりました。

1972年に「OLYMPUS M-1」として発売しましたが、「ライカM」シリーズを展開するライツ社(当時)から申し入れがあり、名称を変更することとなりました。

そこでついたのが「O」です。オリンパスの頭文字「O」をつけて「OM-1」。

1973年に「OLYMPUS OM-1」として発売され、ここからOMシリーズの歴史がはじまりました。

2012年からはデジタルを舞台に

フィルムカメラとしてのシリーズは2003年まで約30年続き、2012年にはデジタルに舞台を変えて復活。ミラーレス一眼「OM-D E-M5」です。

そこから今に続くのが「OM-D」シリーズです。

E-M1、E-M5、E-M10


現在、OM-Dシリーズは、E-M1・E-M5・E-M10と3つのバージョンで展開されています。

ざっくり分けると、

・E-M1:上級機(フラッグシップ機)

・E-M5:中級機

・E-M10:初級機

という位置づけになります。上級になるほど、機能や性能が上になります。

ただ、デジタルは年々進化していますので、新しい機種になるほど、時代にあわせた仕様になります。

たとえば、初代E-M5(2012年発売)とE-M10 Mark III(2017年発売)を比べると、5年分のデジタルの進化の違いがあります。

機能も操作感も、時代に合わせてずいぶんと進化しています。

まとめ

1973年のOM-1からはじまり、OM-2、OM-10、OM-4、OM-3など、2003年の生産・販売終了まで約30年に渡って展開。

その系譜を継ぐのがOM-Dシリーズです。こうした歴史を知ると、カメラに対する愛着が沸きますね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

オリンパスからOM-D E-M10 Mark IIIが発売!前機種Mark IIとの違いをみてみよう
2017年9月15日に、OM-D E-M10 Mark IIIが発売になります。前機種Mark IIをベースに、より使いやすく、よりパワ...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...