湿度が高い時期は、機材の保管に要注意!かんたんカビ対策

湿度が高くなる時期は、機材の保管に要注意です。カメラやレンズにカビが生えないよう対策しましょう。

ドライボックスが便利

機材の保管にはドライボックスを使うと便利です。

ドライボックスは、湿度を低く保つためのボックスです。使い方は簡単で、乾燥剤をセットしたボックスに、カメラやレンズを入れるだけ。

それだけで十分なカビ対策になります。

はれときどきカメラで、これまでに書いたドライボックス記事をまとめてみました。ドライボックスに関連した記事はここでチェックできます。 ...

ブロアーで機材をキレイに

機材をキレイにしておくのも、カビ対策の重要なポイントです。カメラを使った後は、必ずホコリや汚れをとるようにしましょう。

ブロアーはぜひ持っておきたいアイテムです。

しゅぽしゅぽしてホコリを飛ばします。ドライボックスに入れる時も、カメラやレンズをキレイにしてから入れるようにします。

初心者さんがぜひ持っておきたいアイテムに「ブロアー」があります。 ブロアーはボディを押すと空気が出るしくみで、しゅぽしゅぽして...

バッグに入れっぱなしはNG

カメラを使った後、バッグに入れっぱなし&そのまま保管はNGです。使用後は、必ずバッグから出して風通しをするようにしましょう。

カメラバッグは持ち運びに特化したアイテムですので、「保管はドライボックス、持ち歩きはカメラバッグ」というように、役割分担をしておくと便利です。

レンズやカメラは湿度の高い場所に長く置いていると、カビが生えることがあります。 いったんカビが生えるとクリーニングしきれないこともあり...

まとめ

1つ1つはちょっとしたことですが、これだけで十分な対策になりますので、「対策がまだ・・・」という人はぜひやってみてください。おすすめですよ。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

PENTAX K-70と一緒に「smc PENTAX-DA 50mmF1.8」を買いました。というわけで、ファーストインプレッション...
デジタル一眼はフルサイズのほかに、APS-C、マイクロフォーサーズなど、様々なサイズのセンサー(撮像素子)が使われています。 そのため...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...