2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

新しい知識を得るたのしみ

新しい知識を得るのはたのしいものです。

今はネットを使えば多くの情報を得ることができますが、ぜひおすすめしたいが「本」から学ぶこと。カメラや写真でいうなら、入門書や技法書がそれにあたります。

というわけで今回は、新しい知識を得るたのしみ・入門書や技法書を読むたのしみについてお届けします。

入門書や技法書のおもしろさ

入門書や技法書にはたくさんの情報が詰まっています。

さてここで問題となるのが「数ある本のうちから、どれを選んだらよいのか」ですが、まずは

  • おもしろそう
  • この本は雰囲気がよさそうだなあ
  • これはわかりやすそうだなあ

など、純粋に興味を惹かれたものからを読んでみるのがおすすめです。

この際に大切な考え方が

  • 本は1冊で完結するものではない

ということです。

が、この点について「……?」と思う方もいるかと思います。

くわしくみていきましょう。

本は興味を広げていくもの

入門書や技法書の多くは1冊で完結の形をとっています。

1冊でそのテーマについてきちんとまとまっているものがほとんどです。解説の途中で「2巻に続く」なんてものは、まずありません。

では、なぜ上の項目で

  • 本は1冊で完結するものではない

と書いたのでしょう。

これには「興味は広がっていくもの」という意味があります。

たとえばある入門書を読んで「構図」について書かれていたとします。

ここでは代表的な構図をいくつか紹介します」といったことが書かれていたとしましょう。

すると、それを読んだ人の中には

  • 代表的な構図?ということは、ほかにもいろいろな構図があるのかな?

と感じる方もいるかもしれません。

となると、その人の中では構図についての興味が広がります。

すると

  • ほかの構図についても調べてみよう
  • 構図についてくわしい本はあるかな?

など、次に知りたいことが頭に浮かんできます。

そう、1冊の本を読んだことをきっかけに、「次に知りたい(学びたい)こと」あるいは「次に読んでみたい本」が自分の中に生まれてくるのですね。

これが、本は1冊で完結するものではない――読んだら終わりではないということです。

そのため、最初に読む本を選ぶときは、それほど難しく考える必要はありません。基本的に、本は「興味を広げていくもの」というスタンスで読むと、必ず次につながる部分があります。

ですので、最初の1冊は、純粋に興味を持ったものを手に取るのが一番です。

古い本でも大丈夫

入門書や技法書は、出版年月が新しい本でなくても構いません。発売されたのがかなり昔の本でもまったく問題はありません。

なぜなら自分が知らないことは、自分にとっては新しい知識だからです。

そう、どんなに古い本でも、自分が「知らなかった!」「なるほど、そうなのか!」と思うことが載っていれば、「新しい知識を得られる本」なのですね。

次回に続きます。