EVF(電子ビューファインダー)って何?

EVF(電子ビューファインダー)とは

ミラーレス一眼には、ファインダーのある機種とない機種があります。

ファインダーのある機種に使われているのが、「EVF」と呼ばれるファインダーです。

ミラーレス一眼では、主に中級機以上で使われています。

EVFは、ミラーのないデジタルカメラに使われるファインダー形式で、ミラーレス一眼のほか「ネオ一眼」と呼ばれるコンデジにも使われています。

「ネオ一眼」とは、一眼レフと似た形をしたコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)のことをいいます。 レンズ交換はできませんが、一台で広角~...

EVFのしくみ

EVFのしくみ

EVFとは、電子ビューファインダーの略で、「Electronic View Finder」を頭文字をとってEVFといいます。

ファインダーの奥に小さな液晶があって、そこに映像がうつしだされるしくみになっています。

EVFは映像をみながら撮影するしくみ

この映像は、ライブビュー撮影で使うのと同じ映像が表示されます。

ちなみに一眼レフは、ミラーに写る「実像」をみながら撮影します。

「ペンタダハミラー」は、一眼レフカメラの内部(上部分)にある「複数のミラーで構成された部分」の名称です。ペンタミラーとも呼ばれます。 ...

EVFのメリット

EVFには、映像だからこそのメリットがあります。

EVFには、次のようなメリットがあります。

  • カメラで明るさや色合いを変えると、ファインダー内の像にも反映される
  • ファインダー視野率100%
  • 拡大してピント合わせができる
  • たくさんの情報を表示できる

つまり、「映像」を使っているからこそのメリットですね。

これらの点は、「実像」をみる一眼レフのファインダーでは難しいものばかりです。

特に、実際に撮れる写真に近いものがみられるので、仕上がりのイメージがしやすいのも利点です。

EVFのデメリット

映像だからこそのデメリットもあります。

EVFにもデメリットがあります。

液晶に映像を表示するため

  • 実像をみるのに比べて、表示が遅れることがある
  • 機種によっては表示が粗いものがある

といったことが起こります。

表示の遅れは改善されてきていますが、実像をみる一眼レフのファインダーに比べると厳しい点があります。

【ちなみに】ファインダーの有無について

ミラーレス一眼には、ファインダーのある機種とない機種があります。

どちらの機種でもライブビュー撮影はできますが、ファインダーのある機種には次のようなメリットがあります。

ファインダーがあると

まわりの明るさに関係なく映像がみやすい

ピントの山がつかみやすい

カメラを構えやすく、ブレにくい

といった利点があります。

特に、手持ちで望遠やマクロ撮影をする時は、ファインダーがあると便利です。

ファインダーの有無について、こちらの記事でくわしく解説しています。

ミラーレス一眼を選ぶ際に、ファインダーのあり・なしで迷う方も多いかと思います。 そこで今回は、ファインダーの有無によって違いが...

まとめ

今回は、ミラーレス一眼で使われている「EVF」こと電子ビューファインダーについてでした。

ちなみに、一眼レフのファインダーは「OVF」といいます。光学ファインダーともいいますよ。

EVF、OVFという形で使われることも多いので、知っておくと便利ですよ。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

Panasonic ミラーレス一眼カメラ DC-GF9 オレンジ パナソニックからミラーレス一眼の新機種「LUMIX GF9(DC...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...