2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

互換品とか汎用品とか その2

Powerextra DF-400 3,000円前後で買える激安ストロボ

前回は「互換品とか汎用品とか」と題して、私たちが実際に使用してきたアイテムとその所感をお届けしました。

互換品とか汎用品とか その1
今回は互換品・汎用品についてお届けします。 わたしたちが使っているカメラ用品の中には、カメラメーカーが公式で販売しているものとは違うアイテムがあります。 それは「汎用品」「互換品」などと呼ばれるアイテムです。 カメラメーカーとは別...

今回はそのつづきです。

スピードライト(ストロボ、フラッシュ)

海外メーカーの激安商品を買うときに気をつけたいこと

スピードライト(ストロボ、フラッシュ)は激安の海外製品を使ったことがあります。

購入したのはこちら。

PowerextraのDF-400です。

ストロボというと高価な印象がありますが、こちらの商品は激安。びっくりするぐらいに安いことから「お試し感覚ならアリかな」「ハズレてもこの価格なら」と思い、購入したアイテムです。

Amazonの商品ページをみると、2017年の購入時には多数の日本語のレビューがあったことを記憶しているのですが、現在は違っている模様です。販売店および商品の型番は現在も同じですので、当時とは何らかの仕様が変わっている可能性があります。

激安の海外製品

通販サイトで海外製品をみると、「メーカーは違うけれど、似た仕様の製品」がいくつも存在することがあります。

上記で紹介したストロボもそのタイプのもので、似た性能・似た価格帯のものがいくつかありました。こういうときはどの製品を選ぶかで本当に迷います。

そもそも価格帯を考えると、つくりの甘い部分や製品自体にあたりはずれがある可能性が十分に考えられます。

ですので、「はずれても泣かない」というスタンスで、できるだけはずれにくそうなものを選ぶのがよいように思います。

海外メーカーの激安商品を買うときに気をつけたいこと
Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトでは、海外メーカーのカメラ用品が多く販売されています。 国内メーカーのものに比べると安価なものが多く、興味のある方もいるかと思います。 そこで今回は、わたしたちが実際に買っ...

一期一会という考え方

スピードライトに限りませんが、海外の激安製品は、ある程度の期間が経つと販売が終了するアイテム(あるいはメーカーそのもの)があります。

もちろん日本国内のメーカーや販売店でも販売終了はありますが、海外の激安製品はそのサイクルがはやい印象があります。

ですので、基本的には「一期一会」という考え方で購入するのがよいように思います。

液晶保護

背面液晶の保護には、液晶保護フィルムを使っています。

わたしたちが主に使っているのは、100円ショップのもの。

液晶保護フィルムは、基本的に「消耗品」というスタンスで使用しています。ですので、100円ショップのものを重宝しています。

100円ショップの液晶保護フィルムはなんといっても「安い」「手に入りやすい」のが魅力です。

そのため、

  • 気楽に使える
  • うまく貼れなくても、さほど気にならない
  • 気楽に交換できる

といったメリットがあります。

特におすすめなのは、フリーカットタイプでサイズが大きいもの。1つのフィルムから何枚もカットして使うことができます。

「タブレット用」や「カーナビ用」をカットして使うこともできます。

ちなみに製品の質ですが、高価なものと比べなければ十分に使えるレベルかと思います。表面はマット加工されたものよりもクリアタイプのほうが使いやすいかと思います。

まとめ

わたしたちが実際に使用してきた互換品・汎用品についてお届けしました。よかったら参考にしてみてください。