2020年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

写真を見返すたのしみ

カメラを使っていると、新しく撮った写真がどんどんと増えていきます。

自分の作品が増えていくのはとてもたのしいことですが、時には、昔撮った写真も見返してみましょう

見返してみると、懐かしさだけでなく、ハッと気づくことがあったりするなど、いろいろな発見があります。

その時にしか撮れない写真がある

写真を撮り続けていると、だんだんと知識や「できること」が増えていきます。

これはよいことなのですが、陥りやすいのが写真スタイルの変化。

知識で写真を撮る」ようになってしまうことがよくあります。

たとえば、

  • この場面はこう撮るべきだから
  • これがセオリーだから
  • この被写体は撮っておくべきだから

といったように、「自分がその場面の何に感動したのか」よりも、「知識」で写真を撮るような状態です。

写真を見返してみる

そこで、昔に撮った写真を見返してみましょう。

カメラを使い始めた頃、初めて撮影に行ったときの写真など、今よりも昔の写真を見返してみます。

すると、

  • 未熟だけど、楽しそうに撮っているなあ
  • このときは、ここに感動して撮りたいと思ったんだよね
  • シンプルだけど、いい色が出ているなあ

などなど、知識や技術は今よりはないけれど、今と違ったことをいくつも発見することができます。

そう、知識や技術を得ることで、塗りつぶされてしまったもの、忘れてしまったことに気づくことがあるのですね。

撮影環境の変化を知る

また、昔に撮った写真を見返すと、撮影環境の変化を感じることもできます。

たとえば、今はひと昔前よりもカメラの描写性能がグッと上がり、画像編集ソフトの機能も大幅にアップしました。

また、画像補正や加工テクニックの情報も、かんたんに入手できる時代になってきています。

が、これほどまでに進化する前の写真をみてみると、「技術や機能、ノウハウ」で塗りつぶされる前のものがたくさんあることに気づきます。

たとえば、「階調」ひとつをとってもそうでしょう。

昨今の流行ともいえるCGに寄せた写真よりも、昔に撮ったもののほうが、地味だったり素朴だったりするけれど色に味わいがある、むしろ本物に近い、リアリティがあることに気づくことがあります。

スタイルをミックスしていく

昔に撮った写真をみて気づいたことがあったときは、これからの撮影に生かしてみましょう。

たとえば、「あの頃は何にでも感動してたのしそうに撮っていたなあ」と感じたのなら、次からの撮影ではその気持ちを忘れずに撮ってみましょう。

また、「昔のほうがいい色だったなあ」と感じた部分があるのであれば、カメラの設定や画像編集のスタイルを考えてみましょう。

そう、今の自分、今の自分の撮り方に、過去に撮ったものから学んだことをミックスしていくわけですね。

過去に撮った写真を見返すのは、気の向いた時だけで構いません。きっといろいろな発見がありますよ。よかったら参考にしてみてください。

あえて古いデジカメで撮ってみる。
デジタル機器の進化は速いもので、ここ数年でカメラを取り巻く状況もずいぶんと変わりました。 特にスマホに搭載されたカメラの進化は著しく、誰でも手軽に綺麗な写真を撮ることができるようになりました。そして、写真の補正と加工。 Instag...